カテゴリー
Words / 語

「運命」と「宿命」の違い

運命と宿命と聞いて、思い浮かべるのは仕事でしょうか恋愛でしょうか?はたまた人間関係?お金?運命と宿命の違いです。

Index / 目次

1. 運命とは

2. 宿命とは

3. 運命と宿命の違い

4. まとめ

運命

1. 運命とは


人が生きていく上で巡り合う様々な事象、また、それらが積み重なったもの。自分でコ
ントロールする事が出来る。

2. 宿命とは


人が生まれ持った潜在的な人生の道筋。
予め決まっている性質。

3. 運命と宿命の違い


よく「宿命は変えられないが運命は変えられる」と言うように、
運命には「運」が付くように、個々人がどう思考・行動するかでその方向性を変えることができるが、宿命には「宿」が付くように、生まれた瞬間に備わった環境や個々人の性質のこと。

4. まとめ

 

筆者はランニングが好きなのですが、毎日少しづつ走り、何年間かで日本列島を横断したくらいの距離になりました。いきなりそんなに走れと言われても、いや、無理。としか思えませんが、それが例えどんなに大きな事でもコツコツやれば達成する事は可能なんじゃないかな?と思います。

一日に30分だけでも勉強する人と一日に30分だけぐうたらしてしまう人、1年間…5年間…10年間では雲泥の差になりますね。

人生はスタートした時点でどういった環境にあるか、でアドバンテージがある人も、そうでない人もいますが、どんな人でも寿命は大体同じです。

日々いい運命の巡り合わせになるよう努力して、豊かな毎日を過ごしたいですね。

Thank you for reading.

カテゴリー
Words / 語

「キラキラ」と「ギラギラ」の違い

Index / 目次    

1. キラキラとは

2. ギラギラとは

3. キラキラとギラギラの違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200124174540p:plain

 

1. キラキラとは

 

何かが輝いている様子を示す語。主にポジティブな意味合いで用いられる。

 

2. ギラギラとは

 

何かが強く輝いている様子を示す語。主にネガティブな意味合いで用いられる。

 

3. キラキラとギラギラの違い

 

「キラキラ」は夢や希望などがあり輝いている様子のことだが、「ギラギラ」は野心や執念、隠された意図などがあり輝いている様子のこと。

  

4. まとめ

 

キラキラ…良いかんじで輝いている様子

ギラギラ…嫌なかんじで輝いている様子

 

Thank you for reading.

 

 

カテゴリー
Words / 語

「商品」と「製品」の違い

Index / 目次        

1. 商品とは

2. 製品とは

3. 商品と製品の違い

4. まとめ

  

f:id:hyakkajiten:20200207123156p:plain

 

1.  商品とは

 

商い(商売)の品物。売るため・販売を目的とした品物のこと。

 

2.  製品とは

 

製造された品物。原材料から作られた品物のこと。

 

3.  商品と製品の違い

 

 一つのモノが工場などで製造されて販売まで行われている場合、工場でそのモノが完成した段階までは「製品」だが、市場に出されたり店頭などに並んで販売される段階になったモノは「商品」。

 

商品は形のある物に限らず、法律相談や郵便配達などのサービス、証券などの権利、月の土地、情報なども含まれる。

 

4. まとめ

 

商品…売られるモノ

製品…作られたモノ

  

Thank you for reading.

 

カテゴリー
Words / 語

「説明」と「解説」の違い

説明と解説の違いの…「とは」で説明、「の違い」で解説をしています。三段論法で必ず分かってもらえるように。今後とも・他の記事もご参考ください。

 

Index / 目次                    

1. 説明とは

2. 解説とは

3. 説明と解説の違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200121231802p:plain
 

1. 説明とは

 

専門的な知識やある一定の立場から物事や事柄を分かりやすく伝える事。

 

ex. 何が起きたのか説明する、電化製品の取り扱い説明書

 

2. 解説とは

 

専門的な知識や様々な知見から複雑な物事や事柄を解きほぐして一般的な人々へも分かりやすく伝える事。

 

ex. 時代の成り立ちを解説する、試合の一連の流れを解説する

 

3. 説明と解説の違い

 

「説明」はやや表面的であったり、単にその人が見聞きしたり体験したこと、ありのままの物事を主観的に人に伝える事も含まれるが、「解説」は深い・広い知識や見識を基に、どのような人に対しても分かりやすいように噛み砕いて伝えること。

 

4. まとめ

 

説明…( 比較的単純なモノゴトを ) 分かりやすく伝えること

解説…( 比較的難解な物事・事柄を ) 誰にでもわかるように伝えること

 

Thank you for reading.

 

カテゴリー
Words / 語

「年」と「歳」の違い

筆者も生まれた時は0ちゃいだったのですが、トシをとったものです。年…?歳…?二つの違いです。

 

Index / 目次                  

1. 年とは

2. 歳とは

3. 年と歳の違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200115153457p:plain
 

1. 年とは

 

時間の単位の一つで365日間を示す語。”端的な時”を表す場合に用いられる事が多い。

 

ex. 2020年東京オリンピック、15年間

 

2. 歳とは

 

時間の単位の一つで地球が太陽を一周する期間を示す語。”時の経過”を表す場合に用いられる事が多い。

 

ex. 歳月、歳末、お歳暮

 

3. 年と歳の違い

  

どちらも一年間のことだが、「年」はデジタル・数学・科学的なのに対して「歳」はアナログ・国語・叙情的。

 

尚、「年を取る」「歳を取る」はどちらも正しい使用方法になる。

 

4. まとめ

 

年…数字としての一年間

歳…期間としての一年間

  
Thank you for reading.

 

カテゴリー
Words / 語

「使用」と「利用」の違い 

Index / 目次                

1. 使用とは

2. 利用とは

3. 使用と利用の違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200124163342p:plain

 

1. 使用とは

 

人・物・システム・場所などを使うこと。役立てること。

 

2. 利用とは

 

物・システム・サービス・施設・設備など、そのものが持つ特性や機能を役立つように用いること。

 

3. 使用と利用の違い

 

かなり近い意味合いの言葉だが、「使用」より「利用」の方が、特定の目的に対して用いられ、対価を支払う必要がある場合が多い。

  

4. まとめ

 

使用…何かを役立てること

利用…何かを (対価を払って) 特定の目的のために役立てること

 

Thank you for reading.

 

カテゴリー
Words / 語

「早い」と「速い」の違い 

Index / 目次           

1. 早いとは

2. 速いとは

3. 早いと速いの違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200123221110p:plain

 

1. 早いとは

 

時期や期間などが短いこと。

 

2. 速いとは

 

移動や動作などが俊敏なこと。

 

3. 早いと速いの違い

 

「早い」は時間の経過に

 
関して用いられるが、「速い」は物体の移動や動作に関して用いられる。

 

メールというモノ自体の返信 ( 読む・書く・送る・届く という送信者の動作) がすぐに返ってくる場合は「速い」、メールが短時間 ( 自分が送ってから受け取るまでの期間 ) のうちに返ってくることは「早い」。

  

4. まとめ

 

早い…時間に用いられる

速い…物質に用いられる

 

Thank you for reading.

 

 

カテゴリー
Words / 語

「整理」と「整頓」の違い

いつもセットで使われる、仲の良い言葉たちの説明です。

Index / 目次      

1. 整理とは

2. 整頓とは

3. 整理と整頓の違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200119011225p:plain

 

1. 整理

 

雑然として乱れた状態にあるものを整えること。片付けるために不要・余分なものを取り除くこと。

 

ex. 本棚の整理をする、交通整理の仕事をする、気持ちの整理

 

2. 整頓

 

ものを定まった位置に配置し乱雑な状態を整えること。乱れた状態を整えたり片付けたりすること。

 

ex. 部室の整頓をする、リビングルームの整頓をする

 

3. 整理と整頓の違い

 

どちらもかなり近い意味合いだが、「整理」は秩序を与えて整然とさせること全般を意味する語で、「整頓」は秩序の通りにモノ(やヒトなど)を配置すること。

 

よく言う「整理整頓」は、「しっかりと秩序を与えて、その通りにモノを配置する」ということですね。

 

4. まとめ

 

整理…秩序を与えること

整頓…秩序通り配置すること

 

Thank you for reading.

 

カテゴリー
Words / 語

「インテリジェント」「クレバー」「スマート」「ワイズ」の違い

「頭がいい」とはよく言いますが、何を以って?という事は多いですよね。元々は英語ですが日本語でも使う、「頭の良さ」のニュアンスの説明です。

 

Index / 目次

1. インテリジェントとは

2. クレバーとは

3. スマートとは

4. ワイズとは

5. それぞれの違い

6. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200121224552p:plain

 

1. インテリジェントとは

 

 英語では「Intelligent」。よく学歴が高かったり知識が豊富な人の事を「インテリ」と言いますが、その元となっている言葉。頭の良さの中でも、知的であったり知性が豊富であること。

 

現在はパーソルキャリアに変更されましたが、人材派遣で有名な”インテリジェンス”という会社もこの語 ( Intelligentの名詞、Intelligence = 知性、知識 )からきています。「Inter」は「中へ、寄り集まる」といった意味合いなので、「からっぽ」の反対で豊富な情報や知識が集中している、有しているという意味合いです。

 

2.  クレバーとは

 

英語では「clever」。スポーツなどでその試合の司令塔となる選手の事をよく「クレバーな選手」と言いますが、このクレバーは視野が広く聡明であるということ。

 

そういったものがない人たちからすればある意味ではズルい、ズル賢いという意味合いに近いニュアンスも含まれるような語ですが、スポーツの試合でも仕事でも、舵取りをするリーダーは物事の全体像を俯瞰的に捉えたり、次に何が起きるのか予測しながら行動できる人がほとんどですよね。「クレバー」はそういった、目の前の事だけでなく、全体像や一歩先二歩先まで目を光らせられるような資質を有しているという意味合いです。

 

英単語としては「brilliant」もこれに近い意味合いです。

 

3. スマートとは 

 

英語では「smart」。これは日本でもよく使われる言葉で、頭の良さだけでなく容姿や仕草、所作、立ち居振る舞いなどにも用いられますね。勘やセンスなどがよく理解力や飲み込みの速さに秀でていること。

 

その場の状況を瞬時に判断したり空気を読むことに優れている頭の良さといったイメージで、これによって滞りなく物事をこなせたり進行させられる能力といった意味合い。若い男性用のファッション雑誌で「smart」というのがありますが、もちろんこの英語からの名称です。

 

4. ワイズとは

 

英語では「wise」。これは日本語ではあまり聞かない言葉かもしれませんが、これは最もシンプルなニュアンスで賢い・賢明であること。

 

「wise」を名詞にしたものは「wisdom = 知恵、知識」といった意味なので、「intelligent」と比べると知識量が多いというよりは、知恵があるといった意味合い。学者のような理論や思想を扱っている人よりは、物語に出てくる「賢者」といったイメージの言葉です。

 

5. それぞれの違い

 

大方のイメージは掴めたかと思いますが、「インテリジェント」は静的な頭の良さ、「クレバー」ものごとを見透せるような頭の良さ、「スマート」は機動性のある頭の良さ、「ワイズ」は頭の使い方の上手さ、といったイメージです。

 

6. まとめ 

インテリジェント…知的

クレバー…聡明

スマート…利口

ワイズ…賢い

  

Thank you for reading.

カテゴリー
Words / 語

「無」と「空」の違い

「?」となる違いをどうぞ!

 

Index / 目次           

1. 無とは

2. 空とは

3. 無と空の違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200128023248p:plain

 

1. 無とは

 

「有」の対義語で、存在しないこと。そもそもの始めから何もないという考え方。

 

2. 空とは

 

「満」や「充」の対義語で、何もないこと。特に何もないという状態。

 

3. 無と空の違い

 

無は真っ白いノート自体がなく、空はノートに何も書かれていない状態のこと。

 

4. まとめ

 

無…存在しないこと

空…プラスマイナスがないこと

 

Thank you for reading.