「標高」と「海抜」の違い

Index / 目次

1. 標高とは

2. 海抜とは

3. 標高と海抜の違い

4. まとめ

  

f:id:hyakkajiten:20200127182853p:plain

1. 標高とは

 

平均海面を基準としたある土地の垂直方向の高さのこと。山や土地の高さなど、立地を表す際に用いられる。

 

2. 海抜とは

 

平均海面を基準としたある土地の垂直方向の高さのこと。津波や高潮災害などの対策の意味もあり、海に近い地域で用いられる。

 

3. 標高と海抜の違い

 

 どちらも平均海面を基準とした高さで、呼び方が異なる。海抜は波の影響があるため実際には国会前庭北地区にある日本水準原点で測量される。

 

4. まとめ

 

標高…海から陸地の垂直方向の距離

海抜…海からの垂直方向の距離

 

Thank you for reading.

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中