「恨み」と「怨み」の違い

こんなページは閲覧されないことを祈りつつ、如何ともしがたい人間の心の作用の説明です。

Index / 目次           

1. 恨みとは

2. 怨みとは

3. 恨みと怨みの違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200118144728p:plain
 

1. 恨みとは

 

ある人間や集団などにネガティブな働きかけをされて、その対象に対して強力な負の感情を抱くこと。 また、そのような感情が残っていること。

 

2. 怨みとは

 

 相手から酷い仕打ちをされて、その対象に対して強烈な憎悪の感情を抱き、機会があれば復讐しようとさえすること。 

 

3. 恨みと怨みの違い

 

 どちらも対象をそれ以上ない程嫌うことだが、「恨み」は一個人などに留まるようなものなのに対して、「怨み」は身体中から負のオーラ(気)が漂うような状態のことで、恨みより外側(その対象)に対して攻撃的な働きかけをしようとするような心理的な状態。

 

4. まとめ

恨み…ある対象を極度に嫌い、負の感情を抱いていること。 

怨み…ある対象を極致まで嫌い、復讐を考えるような状態。    

 

[仏教用語で、「一切皆空」、すなわち、この世の中なんて所詮は何もない。全ては幻のようなものだ、という言葉があります。呪い代行業者というものの存在を知り依頼しようか考えたことはある筆者ではありますので、まぁ、少しでも気が晴れますことをお祈り申し上げます…。]

 

Thank you for reading.

 

 

「恨み」と「怨み」の違い」に2件のコメントがあります

  1. MICHIZANE さん。
    恨み・怨みを、原動力の一つとして生きてきた人間なので、
    たいへん興味深く読みました。
    へ~、そうなのかという感じです。

  2. >呪い代行業者というものの存在を知り依頼しようか考えたことはある筆者ではありますので
    とは正直ですな。
    私などはその業者を知らなかっただけです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中