「儲ける」と「稼ぐ」の違い

儲かってる?稼いでる?どっちなんだろう?
よく使う言葉ながら意外と意識をしていない、
儲けると稼ぐの違いです。   

Index / 目次
1.   儲けるとは 
2.   稼ぐとは
3.   職業上の違い 
4.   稼ぐ→儲ける
5.   まとめ

  

お金

1. 儲けるとは

 

儲けるとは読んで字のごとく「人」に「諸」と書きます。 
稼ぐと比較するとある程度受動的、すでに多くの顧客が
い
る影響力・信用力のある会社や企業、商品やサービス
の場
合、一つの商品やサービス、新たな製品を売ること
は比較
的容易です。どんなに儲けるとは言っても濡れ手
に粟、と
まではいきませんが、一つのアクションで連鎖
的に金銭を
得られる事です。   

2. 稼ぐとは

 

対して稼ぐとは、一件一件、一つ一つの仕事をして金銭
・
財を得る事です。能動的な意味合いで、この稼ぐ、と
いう事
を繰り返した先に、儲ける。という言い方があり
ます。   

3. 職業(サービス・商品)上の違い

 

稼ぎという言い方が似つかわしい職業・儲けという言い
方が
似つかわしい職業があります。例えば不特定多数を
相手に低
単価の商売をする職業は、一度信用や評判を得
れば、その後
は販売のみすれば良いわけですから


「儲かっている ex.お菓子、映画、本」と言えます。


ですが、ある一定少人数のターゲットに絞った高単価の
取引
などをする場合は、なかなか信用や評判などだけで
金銭や財
を得られにくい事もあります。この場合はどち
らかというと


「稼いでいる ex.、注文住宅、リーガルサービス」

という言い方の方が適正です。   

4. 稼ぐ→儲ける   

3の分類はありますが、例えば飲食店などであれば、あそ
この
商品は美味しい・サービスが良いと評判になれば、初
めは一人
一人顧客を呼び込んだりオススメをしなければな
らない(稼ぐ)
かもしれませんが、あとはその質を落とさな
い限りはお客さん
がお客さんを呼ぶ(儲ける)という事が可
能でしょう。   

5. まとめ

 

どんな商売をするにせよ、「稼ぐ」、だけでは疲れてしま
いま
すので、いかに「儲ける」すなわちより多くの人の財
布を緩ま
…喜ばせられるか、という事を意識する事が大切
です。仕事は
世のため人のため(?)日々試行錯誤をしなが
らがんばりましょ
う。

Thank you for reading.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中